--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16
2013

ブラックアート

対象:小学校低学年~
人数:30人くらいまで
場所:どこでも可
準備:あらかじめ、色を言う練習をしておく
1. 「これからブラックアートを始めます」
2. 「ブラックアート!」(と言って、左手をパーにして前に突き出す。)
3. 「白、黒、赤、緑」(右手で、左手の小指→人差し指の順に、指しながら)
4. 「じゃあ、ここは何色でしょう?」(左手親指を指しながら聞く)→子ども達に答えてもらう
5. 「ここは赤でした」
6. 「もう一回行くね、ブラックアート!」
7. 「黒、黄緑、茶色、紫」(右手で、左手の小指→人差し指の順に、指しながら)
8. 「さて、ここは何色かな?」(左手親指を指しながら聞く)→子ども達に答えてもらう
9. 「正解は黄緑でした」

10. と数回繰り返す。
11. 全体の7~8割の子がわかったら、ネタばらししてあげましょう。
もしくは、「次回あう時までに考えておいてね」と言って終わりましょう。

12. ちなみに、この遊びは、
ブラック(黒)アート(あーと→あ と→後)で、
黒の後に言った色の名前が答えになります。
他にも、ホワイトアートなら白の後、レッドアートなら赤の後という風に、アレンジできます。
関連記事

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。