--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01
2015

ウィンク殺人事件~円ver~

対象:小学生高学年
人数:10人以上(人数多い方が楽しめます)
場所:室内向き
準備:円になって座った状態がベストです

「まず皆さんの中から犯人と刑事さんを一人ずつ決めます。」

「犯人になった人は刑事さんに見つからないように円の中の誰かに向かってウィンクします。ウィンクできない人はまばたきでも大丈夫です」

「犯人はなんとウィンクしただけで殺人ができちゃいます。なのでウィンクされた人(またはまばたきをされた人)はその場に倒れて死んだふりをします。」
*自分がされたと思ったら倒れてOKです。
*見本見せられれば実際にやってみせるとわかりやすい。

「刑事さんになった人は円の外側を回りながらみんなの顔をよく見て犯人がウィンクするタイミングを見破る。
そしていち早く殺人事件を解決してあげて下さい」

「刑事さんは犯人が分かったら、『分かりました!!』と叫びます。叫ばれたら犯人役の人はウィンクを辞めます。」

「刑事さんは犯人の人を指差して『犯人は○○さん。あなたですね』とコールします。
当たっていれば『はい。私です。』と素直に自首して下さい。
違っていたら『私は無実です』と言います。」

「刑事さんが3回間違えるか、円の中の人が犯人と被害者一人の残り二人になった時点でゲーム終了です」
*「犯人だーれだ?」とネタばらししてあげて下さい。

「分かりましたか?」 

「では刑事さん役を決めます。」
*刑事さんになった人にはへやの外にでてもらうなどして犯t人がバレないようにします。

「次に犯人役を決めます。」
*犯人を決めたらウィンク出来るかまばたきか確認する。

「では始めます。」
*始める前に待機している刑事さんを呼んできておいてください。


*刑事さん以外は犯人を知っているので、犯人に注目しすぎない程度に犯人に視線を送られていないか確認する。
 スリルを楽しむゲームです。
*犯人がウィンクするかもまばたきで殺しているかも刑事さんは知らないので、ダミーで犯人じゃない人がウィンクしたり、やたらまばたきを大げさにしたりと刑事を混乱させても面白いです。
*殺されて倒れる人が「やられた!!」など叫んで倒れるのも面白いです。
関連記事

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。