--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01
2016

気持ちあてビンゴ

対象:小学校高学年(チームに一~二人高学年がいれば低学年の子もさんか出来る)
人数:一チーム10人程度
場所:室内向き
準備:紙、筆記用具、出題者はお題と答え(9個以上いります)

「これから気持ちあてビンゴをします。気持ちあてビンゴとは、今から私がお題を出します。」
 
「たとえば・・・「春といえば?」というお題を出したとします。そこからチームで話し合って私が考えそうな答えを9こ
考えてみてください」

「その答えをこの紙に埋めていきます。みんなが作った紙がみなさんのビンゴカードになります。」


「全部のチームがかき終えたら、ビンゴスタートです。私が『春といえば○○』とどんどん答えをいっていきます」 

「同じものがあったら×をうって消していってください。縦・横・斜めのどれか3つが一番にそろったチームの勝ちです」

「ビンゴなので、リーチになった時はチームの代表者が『リーチ』と大きな声で教えてください。そして立ってください」

「ビンゴになったときも同じです。」

「分かりましたか?ではお題を言います。『○○といえば?』今から○分とるので考えてください」
*考える時間の目安は5分くらいです。

「かけましたか?ではビンゴを始めます」

関連記事

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。