--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19
2013

チョコレート

対象:小学生低学年以上
人数:1人以上
場所:どこでも
準備:リーダーは練習しておきましょう
「今からリーダーが良いチョコレートと、悪い(普通の)チョコレートの見本を見せます。
そのあと問題を出すので、みんなはどちらのチョコレートか当ててね。」


【リーダーの動き】
・左手をパーにして前に出します。
・右手の人差し指で、左手の小指から親指に向かって、順に指をさしていきます。この時「チョコ チョコ チョコ チョコ チョコレート」と言いましょう。
・みんなに見せるとき、必ず「いくよ?いい※?」「集中してないとわからないよ?」と一言言ってからチョコレートを見せましょう。
※「チョコ チョコ チョコ チョコ チョコレート」とやる前に、
「いい?」と言ったら「いい?チョコレート」=「良いチョコレート」です。
それ以外は悪い(普通の)チョコレートと判定しましょう。


(動画挿入)
関連記事

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。