--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23
2013

オープンクローズ

CATEGORY◇その他
対象:小学生低学年~
人数:20人程度
場所:どこでも
準備:特になし
1. 「今からオープンクローズというゲームをします」
「オープンか、クローズか(開いているか閉じているか)当ててね」「見本を見せるよ」と言う。

2. 「まずオープンから行くよ?」「これがオープンです」と言って、場所はどこでもいいので(頭の上、体の前など)、脇を開いた状態で両手の人指し指をくっつける。

3. 「次はクローズを見せるよ?」「これがクローズです」と言って、場所はどこでもいいので(股の下、体の前など)、脇を閉じて両手の人指し指をくっつける。

4. 「じゃあ、今度はオープンかクローズ、どっちか当ててみてね」「いくよ?…さぁ、どっちだ?」

5. 脇が開いていればオープン。閉じていればクローズとなる。

6. 2~3割の子どもが、答えを理解できたら、「答えがわかった子は、明日学校でお友達にやってみてね。わからなかった子は、また次にやる時までに考えておいてね」と言って終わる。

※動作を大きくしたり、指をくっつける前に、腕をくにゃくにゃと動かしてからくっつけるなどして、指先に注目させるようにする。
関連記事

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。